トウフブログ✴︎

不調の改善にいろいろ試しているトウフのブログ

家族みんなでコロナ感染したよ 〜娘編〜

8月のことですが、娘から発症→母→息子の順でコロナにかかりました。

その時の記録を残しておきます。もう何ヶ月も前のことだけど。

コロナ感染中のビタミン使用、回復後の体の重さやブレインフォグへの栄養補給の結果をざっと書いていきます。

 

ちなみに、家族全員ワクチン摂取していません。

 

 

8月上旬。

娘、突然の頭痛と発熱。

栄養療法に出会ってから3年は高熱を出していなかった娘ですが、久しぶりの高熱にぐったり。

 

2〜3時間にビタミンC1000mgのペースで飲み続ける(寝ている間は除く)

食欲がないので、エネルギー補給のためプロテイン。ほんの少量を朝昼晩。

1日目39度

2日目38度

3日目37度

3日目に熱が37度台に下がると、たまっていた夏休みの宿題を勢いよく始めるほど元気。

4日目には完全に熱がひく。

 

ただ、解熱後も食欲なく、疲れやすい状態が半月は続きました。

やっぱり高熱で体力奪われるみたい。コロナに感染したのがちょうど夏休み中でよかったです。

徐々に回復し、半月後には完全回復!

 

ただ、コロナで栄養不足になったの…?娘、小学校の視力検査で視力がガッツリ落ちていました…

ただいま視力回復しないかビタミンA、D強化中。

 

 

今潰瘍性大腸炎の薬、のんでいません。

鉄分サプリをとると、炎症を起こす私の腸。

↓前回のはなし

 

炎症起こして鉄は飲めない、軟便続きの日々。

栄養療法がんばっても成果が見えず、希望も見えず諦めていた日々…

 

しかしなんと、

丸山式ブラックアイ というものが腸の炎症に効果ありました。

 

 

ツボに貼ると、こりや痛みがひくという口コミをみて購入したのですが、

フと、おへそ下のツボに貼ったら何か変わるんじゃないかと貼ってみたところ、

 

 

 

 

 

 

ずっと軟便続きだったのが、ピタリ。速攻。

 

数日貼って、毎日健康的な便だったので、今度は鉄分サプリにチャレンジです。

 

結果、腹痛起きず、軟便になることもありませんでした。

鉄分を数日飲み続けてみましたが…悪くなることはなかったのです。

 

うーん、血行が良くなったんでしょうか?

何が効いたのか、全く分からないですが、改善されればオールオッケー!

 

 

そして嬉しいことに!

ブラックアイ貼り付け以来、潰瘍性大腸炎の薬(広島漢方)も飲まず過ごせています!

私の目標だった、潰瘍性大腸炎薬なし生活、3ヶ月目、更新中です。

このまま続けー!

 

 

 

 

私の腸!鉄分必要なのに鉄がとれない!

私の潰瘍性大腸炎

昨年夏頃からサプリの鉄分を取ると翌朝ひどい腹痛がでるようになってしまいました

それでも我慢して飲み続けると粘液まででる始末。

 

幸い、サプリを中止すると腹痛や粘液はすぐおさまります。

おさまった1ヶ月後に鉄分を再開しても、再び腹痛+粘液。

症状がなくなったと思っても、小さな炎症が腸に残っているようで鉄分に反応して症状がひどくなるようです。

荒れた腸を潰瘍性大腸炎の薬(広島漢方)で整えるということを繰り返していました。

 

 

しかし毎月生理はくるし、体内の鉄分が着々となくなっているのに、鉄分が飲めないのです!

まずは炎症を抑えないといけない、と今まで飲んでいたサプリを増量するなどしてみました。

粘膜強化するためビタミンAを5万、潰瘍性大腸炎に良いとされるナイアシンも500mg×2、ビタミンCも増量。などなど。

 

が、全く腸の炎症は治らない!

やっぱり鉄分とるとすぐ粘液と腹痛もでる!

ひどくなって中止、また治っては試し…を繰り返していくうち、ついには軟便が続くようになってしまったのです。

 

すると今度は、

 

ついに7月の血液検査ではフェリチン79。

そりゃあそうなる。

鉄分不足の症状が出てきてるのに、どうにもできない。

栄養療法もここまでなのか。何を間違えてるのか…もう諦めていた7月。

 

思いもよらないモノが私の潰瘍性大腸炎バツグンに効いたのでした!

 

つづく。

久しぶりの投稿です。

とんでもなくお久しぶりです。前回のブログから90日もたっています。

あー書かなきゃ、書かなきゃ、と思っていながらズルズル…

頭の片隅にブログはあったんですけどね。

 

前回、息子の吃音の経過を書いていましたね。

春頃は吃音がひどくてひどくて親子揃って困っておりました。

(もう自分が何を書いたのかも忘れてたので読み返してきた↓)

wahahaihai.hatenablog.com

 

そうそう!鉄分が足りていなかったということで、鉄分とらせて。

不安感があるので、ナイアシンアミドをとらせてましたね。

 

その後の経過は、保育園や病院の先生に吃音でていないね、と言われてます。

からしたら、ほぼ気にならないこともあれば、日によってはまだ吃ることも!

といっても、3、4、5月のとてもひどい状態の吃音は嘘のようです。

 

ただ小麦系の甘いもの摂りすぎると、やっぱり吃りが出ます。

その辺りの調整が必要だな、と思うくらいですね。

あと鉄分と、不安感軽減するナイアシンアミドも息子には大事なようです。

 

 

 

 

最近は祖母が協力してくれて、米粉麺や米粉パンを見つけると買ってきてくれるんです。米粉系は高くて自分で買えないのですごく嬉しい!

 

祖母が見つけて買ってきてくれた、山口県田布施のゴルマールってお店の米粉食パン。

一口食べさせてもらったけど、ずっしり重くて食べ応えある!

 

同じ田布施町のの米粉そうめんは特におすすめ!

そうめんというより、平たいうどんのような見た目だけど何でも使えました。

これが米粉だって!?と驚くぐらい。何の違和感なく息子、食べました。私もまた食べたい!

楽天市場にはおいていなかったけれど、米粉そうめんはおすすめ!

どこかで見かけたらまた買いたい米粉そうめんです。

 

吃音の波。そして不安感。

今月6日から鉄分補給に力を入れている息子に、大きな変化が起こりました!

鉄分補給はじめて3週間目。

なんと吃音がほぼ出ない日がありました!(3日間限定)

24日の夕方から、あれ?吃ってないな?と気づき、25日26日と吃らず。

この間普通におしゃべりしている。つまりもしない。

鉄分補給はじめて吃音が落ち着いたり戻ったりを繰り返していましたが、ここまで落ち着いているのは初めて。

それに、こんなに何事もなくおしゃべりできている息子は2ヶ月ぶり!

 

 

しかし。やってしまった。

もう3日吃らないということは結構改善してきたんだ嬉しい!と気持ちが緩んで、お砂糖たっぷりのおやつを食べさせた直後…

ひどくどもり始める。

砂糖?砂糖に反応した?久々の大量の砂糖摂取だから…?

ごめん、息子。食べさせた母が悪い。

 

 

 

それからの息子、以前より吃ることに怖くなってしまったようで、気にすればするほど吃ってしまうように。(連発+難発)

かわいそうになるくらい不安が強いのがビシビシと伝わる。

 

吃音と脳、栄養についてをもう一度調べ、吃音とセロトニンの関係にたどりつきました。

セロトニンといえば、ナイアシン

吃音にナイアシンが良いというのはかかりつけ医からも聞いていたし、藤川徳美先生のブログでも見たことがある。

けれど、1、2年前にナイアシンアミドを高用量飲んでも減らしてみても息子の様子が変わらなかったため吃音にナイアシンアミドはそんなに重要ではないと思っていました。

(だから最近は朝夜少量。飲まない日もあった。)

 

でももしかしてそれは、その当時の息子にそこまで必要でなかっただけで、今不安感が強い息子にはアミドは必要なのかもしれない?と思いはじめました。

 

早速今日の夕方、アミド500mg飲ませてみると…

昨日今日と連発と難発ダブルで吃り、スムーズにしゃべれないほどだったのが、飲んだ後からは言い初めの言葉のみ詰まるようになりました。

初め詰まっても、その後はスラスラ言葉が出てきてる。

もしかしてもう少し飲むともっと落ち着く?と夕飯後にも500mg飲ませましたが…

吃りがこれ以上減ることはありませんでした。

でもこの日飲んで寝るまではひどく吃ることはなく、いつもより軽い状態でキープできていました。

少しでも楽におしゃべりできるようになって良かった。

明日からアミドを朝夕500mgずつで続けてみようと思います。

不安感が少しでも取り除かれれば言葉が出やすくなるんじゃないかな。

 

 

現在のんでいるもの

プロテイン

朝)マグネシウムレシチン、オメガ3、アミド←追加する

夕)ビタミンC、B50、マグネシウム、鉄、オメガ3、アミド←追加する

息子、1年半ぶりの採血に行く。

息子のひどい吃音が鉄分不足ではないか?と疑いはじめ、力入れて鉄分補給を始めました。

だけど本当に鉄分不足かは血液検査しないと分からない!ということで、

息子、採血に行ってきました!

1年半ぐらいぶりかな。

 

今回の病院で嬉しい出来事がひとつ。

なんと病院では久しぶりにきちんと座れる息子が見れました!

というのも、以前は病院の待合室でもじっと座って待てれていたのに、この冬は病院へ行っても体幹ぐにゃぐにゃ座って待つことが難しいことが何度もあったのです。(この時も鉄分不足?と思ったけれど何もしなかった私…)

病院の時間、トータル30-40分はあったけど、じっと座っていられました。さすがに帰る前の支払い頃には集中力切れてたけれど。

10日ほど前から鉄分飲んでいたおかげで落ち着いておれたのかも!

採血もすんなり終わり、看護師さんに褒められてご機嫌な息子でした。

 

 

 

さて後日、検査結果を聞きに行きました。

 

フェリチン →  79

 

 

やっぱり鉄分不足だった!と読みが当たって嬉しいのとショックなのと…

このフェリチン値、息子の肌が炎症起こしているので(炎症があるとフェリチン高めにでる)実際はこれよりもう少し低い値だと言われました。

しかも鉄分1週間飲んでのこの値。ということは、飲む前はスッカラカン状態!?

 

ちなみに1年半前の血液検査ではフェリチン210でした。

この時も肌に炎症があったのでこの数値より実際は低いけれどそれでも100以上は確実にあったはず。

1年でガッツリ鉄分がなくなっていました。成長に使われたんでしょう。

 

川徳美先生のブログを見ると、

男の子は

フェリチン50未満=最重度鉄不足。
フェリチン50~100=鉄不足。
と書かれていました。
それで息子のこの結果。今の状態。
そりゃあ、落ち着きもないし吃音もひどくなるよ。
納得でした。
 
でもこれで鉄分を補給すれば色々と不調が改善するかもと希望が出てきました!
現在の吃音は、鉄分飲み始めてからぐんぐん改善…とはいかず、良くなったり戻ったりを繰り返してます。
でもこれまでの流れでいうと、フェリチンが上がれば落ち着くんじゃないかと思う。
↓↓

wahahaihai.hatenablog.com

wahahaihai.hatenablog.com

 

あ、他の検査結果は、たんぱく質もしっかりとれていると褒められました!

ビタミンB群の値も問題なし。

フェリチンがひっかかっただけでした。

ちゃんと飲んでいこうと思います。

 みんなで鉄分摂取しようと、南部鉄器の鉄玉子も楽天で買いました!

やかんでお茶沸かす時に入れちゃうぞー!

え、鉄分?

息子のひどい吃音。もうここ1年でダントツひどい。

フェルラ酸飲んでみても効果なし。

グルテン控えめでも変わりなし。

じゃあ鉄分補給してみたら変わるかも?と期待して、5日前からアドバンスドフェロケル夜2錠のんでいます。

 

摂取から、

1〜4日→変わらずひどい吃り。

5日目→なんと吃りの頻度が半分に減った!でもちょっとテンション上がると吃る吃る。

6日目→昨日より吃りが軽くなっている。言い始め詰まるのはある。連発もたまにあり。(でも連発の頻度が一気に減った!)

 

えぇー…

鉄分不足してた…のかな?

この1ヶ月、色々試してみても何も変化がなかったのに、鉄分摂取1週間もせず変化あったのは驚き。高容量飲ませたわけじゃないのに。

吃音の波なだけ?

まだ改善の兆しを見せて2日なので、この先どう変化するか分かりませんが。

でも少し光が見えてきた気がする!

もう鉄不足だったと思いたい。

このまま改善しますように!!